FXで成功するための方程式を教えます

外国の通貨為替の仕組み

世界にはたくさんの色々な通貨が存在します。例えにすると、海外へ旅行に行けば、旅先の通貨を使うのが一般的で原則ですが、そのためには日本のお金円を、旅先の通貨に交換しなければ使うことが出来ません。その時の交換比率が為替相場です。では為替の仕組みはどのように決まっているのかと言うと、基本的には外国為替取引は、取引するもの同士が直接取引するのが基本です。

 

これが相対取引と言って、為替の仕組みでは、かなり重要な部分でもあります。取引するレートについてもお互いが合意すれば、いくらでもかまわない分けです。しかしそれでは、あまりにも範囲が大きすぎて、参考になる価格がよく分かりません。そこで銀行同士が取引する為替市場での、為替レートを基準にしていて、これを外国為替市場とか、インターバンク市場とか言う呼び方をしています。

 

この外国為替市場では、銀行やディーラーが取引を行うことに寄って、株式と同じように需要や供給があり、為替レートはつまり通貨同士の交換比率が決まっているのです。為替レートは、それぞれの国の経済力を示すと言われている程重要なので、為替の仕組みをきちんと理解するという事は、その国の経済を知ることも出来るのです。

FXのトレード手法にはさまざまなものがあります

FXのトレード手法にはさまざまなものがあります。この取引では自分で自由に通貨の売買のタイミングを決めることができるため、多くのスタイルがあるのです。代表的なFXの取引手法には、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレード、長期保有があります。これらのFXの取引手法の中で、どれを選ぶかは自由ですが、実際に始めるときには、自分の時間的余裕やライフスタイルとのバランスを考慮したうえで決めた方がよいでしょう。

 

落ち着いて続けることができそうな取引スタイルを選ぶのがこつです。そして、一度FXの取引スタイルを決めたなら、そのまま一定期間続けてみることも、自分に最適なFXの取引スタイルを見つけるこつです。短期間にころころと取引スタイルを変えてしまったら、どれが本当に自分に合っているFXの取引スタイルなのかわからなくなります。

 

スキャルピングは数秒から数十秒で決済を行うFXの取引スタイルで、反射神経に自信がある人に向いている取引手法であるといわれています。デイトレードは数分から1日にわたってポジションを持つため、スキャルピングよりも少し長いFXの取引手法です。一方、スイングトレードやポジショントレードは、数週間から数か月にわたってポジションを持つFXの取引手法です。

FXとは、具体的には何をすることなのでしょうか

最近注目を浴びているFXという投資方法ですが、初心者の方には特に具体的に何をするものなのか、わかりにくいものです。FXとはすなわち外貨取引のことで、外貨を購入し、その価値が変動して売却する際の差額により利益を出すという方法なのです。非常に単純なシステムですので、特に投資の経験がない人でも始めやすい投資方法として親しまれています。また、株や先物といったものよりも投資対象が少ないため、多すぎる情報に圧倒されることも少ないのです。

 

米ドルやユーロといった外貨は一般の人々にもなじみがあることから、投資対象の実態がわかりやすいのも魅力的です。実際の取引は、例えば日本円で米ドルを購入し、米ドルが高騰すれば同じドルで購入時よりも多い円を買い戻すことが出来るので、もうけが出るという形になります。扱える通貨の幅は広く、聞いたこともないような新興国の通貨ですら取引対象になっています。

 

また、差額だけでなく金利差で利益を狙うこともできたり、外貨で外貨を購入したり、さまざまな投資のバリエーションがあり奥が深いのです。しかし基本的には日本円で外貨を購入し、その外貨で日本円を買い戻すパターンが一般的で、今では多くの人が日常的に参加している投資分野です。

FXの規制はどのようなものがあるか

FXの規制はどのようなものがあるかというと、まず平成17年7月にFX取扱業者が登録制に変わりました。店頭取引で不招請勧誘を禁止したりする規制が導入されました。さらに安心して取引ができるように平成21年に金融庁が各種の見直しをして平成22年2月から平成23年8月に順次施行していきました。

 

どのようなものが見直されたかというと、区分管理方法の一本化をしました。対象となる取引は金商業等府令第143条第1項第1号でFX取引を含めた通貨関連デリバティブ取引等で区分管理方法を金銭信託に一本化することを規定し、取引所FX取引、店頭FX取引が対象となります。次にロスカットルールの遵守の義務付けです。ロスカット規制の対象は個人を顧客としたFX取引を含めた通貨関連デリバティブ取引となるそうです。次に証拠金規制があります。

 

証拠金規制の対象は個人を顧客としたFX取引を含む通貨関連デリバティブ取引で店頭取引や取引所取引の両方が対象になります。既存のボジションを決済する場合の取引の場合は対象となりません。証拠規制のために禁止行為が追加されました。営業日ごとの一定の時間に実預託額が維持必要預託額に不足した場合にFX取引に係わる顧客に不足額を証拠金等預託先に預託させずに取引に係わる契約を継続する行為です。